カンナビオール(CBD)とは

カンナビジオール(CBD)は、大麻植物(カンナビス)から抽出されるカンナビノイド成分(麻が自分の身を守る為のもの)のひとつです。

CBDについて1

CBDは私たちが受ける様々なストレスに晒されながらも体内のバランスを維持する為のもともと持っているエンドカンナビノイドシステム(ECS)機能とスムーズに連携し、作用して体が自らを癒す助けになると言われています。

加齢やストレス、生活習慣でECSの働きが弱まるとカンナビノイド欠乏症となり、体内のあちこちでエラーが起こり、CBDを摂取する事でECSの働きを取り戻すことが出来ます。

CBDは様々な疾患を直接治すものではありませんが、体内の恒常性を一定に保つよう働きかけます。

世界保健機構(WHO)はカンナビジオール(CBD)成分の有用性を正式に公表しており、同様にアンチドーピング機構(WADA)も同様に「カンナビジオール(CBD)は禁止されない」と禁止薬物指定からカンナビジオール(CBD)を場外することを公表しております。



CBDについて2
CBDについて3

また2018年6月にアメリカではGW製薬の米国子会社Greenwich Biosciencesがてんかんの治療薬としてカンナビジオール(CBD)が主成分である製品の「エビディオレックス」が医薬品として承認されました。

カンナビゲロール(CBG)とは

カンナビゲロール(CBG)の略であり、CBDと同じように、麻に含まれるカンナビノイドの一種です。麻に含まれるCBGの割合は、通常約1%と少なく、CBDと比べて希少性の高い成分とされています。

CBGについて1

CBGの性質は基本的にCBDとかなり似通っており、CBDよりも強力な抗不安作用・及び鎮痛作用を持つ可能性が明らかになってきています。

麻の成長段階で、CBGは他のカンナビノイドに変化してしまいます。そのため、通常の成熟した大麻には、CBGはごく少量しか含まれません。よりCBG配合率の高い下部の育成を目指して品種改良も行われています。

エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは

エンドカンナビノイドシステムは神経伝達物質の量を適正に調節するシステムです。

ECSについて1

受容体と言われる鍵穴のような物が体の中には存在しており、その鍵となる物をエンドカンナビノイド(内因性カンナビノイドとも言います。)と言います。特にアナンダミドと2-AGは主要なエンドカンナビノイドと考えられております。

これらのエンドカンナビノイドは私たちの体の中で作られる化合物であり脂肪酸の助けを借りて作られ体全体のホメオスタシス(恒常性)の維持のために働いています。

ホメオスタシスは、体内外の環境の変動にかかわらず体内の環境が一定に保たれる事をいいます。その制御をする為の鍵穴となるのがCB1受容体とCB2受容体です。


CB1受容体

中枢神経系、脳内に広く分布しており視床下部、海馬、偏桃体、小脳などに多い

CB2受容体

皮膚、免疫細胞、消化管、末梢機関、特に免疫系に関する細胞内に分布


CBDのような植物性カンナビノイドを定期的に少量摂取することで受容体を刺激しエンドカンナビノイドを増強させます。またこれらは数秒で分解されてしまいます。

これらをすべて併せてエンドカンナビノイドシステム(ECS)といいます。

ECSについて2

弊社商品に関するお問い合せは下記フォームよりお願い致します。

所在地 〒460-0008
名古屋市中区栄4-15-15 201
電話番号 (052)242-6388
その他 プライバシーポリシー利用規約